川重車両協同組合(タイトル)
トップページ | お問い合わせ    
 トップページ > 川重車両協同組合からのアピール ksweb-jp.com


川重車両協同組合からのアピール


ご挨拶 「innovation」革新を具現化していくための
取り組みについて
川重車両協同組合
理事長 

竹内 宣行


 さて、今年の組合活動ですが「innovation」革新の言葉を具現化していく年にしたいと考えております。その鍵になる言葉は、「モジュール工法」だと考えております。 組合員は、車両の仕事に携わっていても艤装部品、構体部品、締結部品、台車部品とその得意分野が異なっており今までこれを組合でまとめることは考えられませんでした。 しかしモジュール化を進めていくためには、この異業種ともいえる業者が、持てる技術をオープンにし、選択、革新を推し進める年にしなければなりません。

 一昨年から始まりました全国中小企業団体中央会と独立行政法人中小企業基盤整備機構の支援による「ものづくり中小企業・小規模事業者連携支援事業」も今年度は3年目に入り、 コンソーシアムの形成から試作品づくりに着手してまいります。

 試作品づくりにつきましては前記のモジュール化を考慮したものであり、川崎重工業(株)の設計担当者の方々のご指導と、意見交換をさせていただく必要があると考えております。

 企業活動も組合活動も現状維持は後退を意味すると考えます。後退は、組合員各社にとってもまた組合にとっても許されません。 今年も、さらなる飛躍の為に一生懸命努力する川重車両協同組合でありたいと思います。

 また、川崎重工業株式会社殿からは、想定を超えるほどの仕事が発注されるとも聞いております。また、川重車両協同組合は、今年60周年を迎えます。 60年前「丁酉」の年に川重車両協同組合は、羽ばたき始めたことになります。 60年前の日本経済は、神武景気や岩戸景気との間にあたるころで微妙な年でありました。 しかし、次に迎える岩戸景気にて活気に満ち恵まれた年に続いて行ったと考えます。 この度も60年前のようにありたいと切に望んでいます。 そのためには、川崎重工業株式会社殿とのパイプをなお一層太くすることにつとめ、組合員間の相互理解を、物事を一緒にすることで深めていくことが大事です。

 ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。




N700系新幹線電車
N700系新幹線電車
Copyright(c) Kawasaki Heavy Industries Rolling Stock Co-operation.ltd.
概  要
名称
川重車両協同組合
所在地 〒652-0885 神戸市兵庫区御所通2丁目1番83号
TEL:078-671-4477 FAX:078-671-4487
理事長 竹内 宣行
出資金 453万円
設立 昭和32年4月17日
組合員数 31社
沿  革
昭和32年4月 「川崎車両下請協同組合」として組合員45社、出資金25万円で設立・登記
昭和41年3月 兵庫県よリ41年度モデル協同組合の指定を受ける
昭和42年2月 組合員 73社 出資金 286万円
創立10周年記念式典を開催
昭和44年4月 「川重車両協同組合」と名称変更
昭和52年4月 創立20周年記念式典を開催
昭和56年8月 青年部 発足
昭和62年4月 創立30周年記念式典を開催
平成6年2月 体質改善委員会 発足
平成10年10月 川重協同組合連絡協議会を開催
平成13年3月 パソコンネットワークシステム(KSWEB)完成
平成15年4月 組合出資金を3万円増額し15万円/1組合となる
平成17年11月 兵庫県中小企業中央会より優良組合の表彰を受ける
平成19年10月 創立50周年記念式典を開催
平成20年11月 兵庫県中小企業中央会より青年部が知事表彰を受ける
平成22年11月 兵庫県中小企業団体中央会より知事表賞を受ける
平成25年2月 新KSWEBシステムの稼動


Copyright(c) 2012 Kawasaki Heavy Industries Rolling Stock Co-operation.ltd.