川重車両協同組合(タイトル)
トップページ | お問い合わせ    
 トップページ > 鉄道の歴史(鉄道の起源と発展の過程) ksweb-jp.com


鉄道の歴史


2.日本の鉄道の歴史

紀元前3500年〜

 

 人や物を運ぶのに車を利用するようになったのはいつごろでしょうか。現在分かっているものでもっとも古い車輪つきの乗り物は、紀元前3500年ごろのメソポタミアの絵文字にあるものです。車輪は、ろくろや糸つむぎの錘(紡錘)と同じように、回転運動を利用する道具ですが、正しい円を描くことができなければつくることができません。円を描くためには、糸の一端を固定して他の端を回転させればよいのですが、最初は、ふたまたになった棒や鳥の胸の鎖骨のようなものを使っていたといわれます。これは、現在わたしたちがコンパスを使う方法と同じです。このようにして、作られた2枚の車輪を車軸の両端に取りつけ、軸受けをつけた台をその上にのせて車が発明されました。これで、地上に台を置いて引くよりはるかに小さい力で重いものを運ぶことができるようになりました。
 しかし、車輪は、地面にめりこむことがしばしばあります。雨が降ったりしたときや、湿った土地では、車が土にめりこんで動かすのに大きな力が必要になります。そのために、ローマでは道路に石を敷きつめて、事が地面にめりこまないようにしました。ずっと後のことですが、日本の東海道では大津と京都の間の急な坂道で、車輪と車輪との幅に合わせて敷石に溝をつけ、溝に車輪をはめこんで動かすようにしていました。これを「車石」と呼んでいました。ヨーロッパでは道路に木製のレールを敷き、車をレールにのせる方法をとっていました。

16世紀〜

 

 木製のレールが考え出されたのは16世紀の初めとされています。ドイツやイギリスの鉱山で、鉱石を運び出すのに使ったのが最初といわれます。17世紀のイギリスの鉱山では、広さ約5センチ、厚さ約4センチのカシの角材を枕木に固定し、レールとして使用していました。
しかし木材は折れやすいので、車が来る面に細長い鉄板をはりつけるという方法が生まれました。それが、やがて鉄製のレールに変わっていきます。1760年代から70年代にかけて、U字形やL字形のレールがイギリスの鉱山で使われるようになりました。これは、車石の場合と同じように、車輪をレールにはめこむ形式のものです。ところがこれでは、ある線路からほかの線路に分かれていくときに困ります。そこで、技形や工字形のレールをつくり、車輪にフランジという出っぱりをつけて、両側の車輪のフランジが、2本のレールの内側に入るようにしました。これで脱線を防ぐことができるし、他の線路に分かれていくこともできるようになりました。レールの断面が上下とも同じ形の儀舛如一方がすり減ったときひっくり返して使う「双頭レール」が使われたこともありました。日本の鉄道が最初に用いたのもこのレールでした。しかし、これは枕木に固定する方法が複雑ということもあって、現在のような工字形が使われるようになりました。材質は鉄製から鋼製へ、強くて重いレールに改良されていきました。

 

18世紀〜

 

 レールの上を走る車は、最初16世紀ごろに鉱山で使われたとき、人が後ろから押す方式のものがあったようですが、ほとんど同時に馬に引かせるという方式がとられていたようです。ヨーロッパでは、街道を走る馬車が15世紀ごろから使われており、動力として馬を利用する方式が、鉱山で応用されたのかもしれません。日本では、1867年ごろに北海道の茅沼炭坑で、木製レールに車を載せ、これを牛が引いて運ぶという方式のものがありました。当時の日本の場合は、ヨーロッパに比べて、レールを使う軌道の発達はかなり遅れていました。この間、ヨーロッパでは、鉱山の中だけでなく、たとえば鉱山から港まで鉱石を積み出す線路をつくり、馬車が、この線路の上を、鉱石を積んだ車を引いて走りはじめました。そのうちに、鉱石を運ぶだけでなく、他の物資やそれから人を乗せて運ぶことがはじまりました。
イギリス各地をはじめ大きな都市などで、馬車鉄道が市内の交通機関として登場したのは、1803年ごろのことでした。

 

18世紀半ば〜

 

ワットの蒸気機関 蒸気機関が、実際に使われるようになったのは、18世紀のなかば、ジェームズ・ワットが発明した形式のものなどからでした。水に熱を加え、これが蒸気になったときの空気の圧力を利用するという原理は、すでに17世紀ごろから分かっていたのですが、これを動力に応用することが難しく、実用化に長い年月がかかりました。この蒸気機関は、水を汲み上げたり、堀り出した石炭を地上に運び上げたりするための目的で使われましたが、蒸気機関を使って車を動かすことはできないかと考える人が何人もありました。1770年には、フランスの技師ニコラス・ジョセフ・キュニョーが、蒸気機関を取りつけた三輪車を発明しました。こののち、1802年までに、イギリスのリチャード・トレビシックが高圧蒸気機関を使ってレールの上を走る機関車の製作に成功しました。蒸気機関車は、まず、このトレビシックの発明から実用化が始まって、1814年にはジョージ・スティーブンソンが自分でつくった機関車の試運転に成功しました。この機関車で、それまで動力を伝える装置に歯車を使っていたのをピストンに替えるなどのちの蒸気機関車の構造の原型ができ上がりました。1825年、世界最初の蒸気機関鉄道として開業したストックトン - デーリントン間鉄道でも、1830年開業のリバプール - マンチェスター間鉄道でも、スティーブンソンの機関車が採用されて、このころから蒸気機関車は実用化に成功したのです。

蒸気自動車

19世紀〜

 

 鉄道は、最初に馬車を使っていたころから、炭坑から石炭を運び出すためにつくられたことが多かったのですが、石炭を燃料として使う工場が増えてくると、炭坑と工場を結ぶ線路がつくられるようになりました。イギリスでは、運河を堀って、炭坑から鉄道で運び出した石炭を、運河の船着き場で船に積みかえて運んだのが、しだいに、直接鉄道で工場まで運ぶようになったのです。
蒸気機関が工場で使われるようになり、産業革命が進むと、ものを運ぶときもこうして鉄道に頼ることが多くなってきました。そのうちに、植民地から輸入した材料を港から工場に運んだり、製品を工場から市場に運ぶために鉄道が使われるようになりました。1830年に開通したリバプール・マンチェスター鉄道が、その最初の例となりました。

こうして鉄道が、たくさんの人や物資を、早く運ぶことができるということが分かると、道路や運河にかわって国内の幹線交通機関となっていきました。イギリスばかりでなく、ヨーロッパ各地や、アメリカ合衆国、さらに、そのころ埴民地だったアジア、アフリカの各地に鉄道線路が綱の目のようにつくられていきました。1880年代には、全世界で80万キロメートルの鉄道線路が敷かれ、鉄道は陸上交通機関の中心となりました。鉄道は、産業革命によってつくり出され、産業革命をおし進める交通機関となったのです。

新橋鉄道蒸気車の図 1873年

     

Copyright(c) 2012 Kawasaki Heavy Industries Rolling Stock Co-operation.ltd.