川重車両協同組合(タイトル)
トップページ | お問い合わせ    
 トップページ > 鉄道と環境の問題 ksweb-jp.com


鉄道の歴史


2.鉄道と環境の問題
3.鉄道と環境の問題
4.鉄道と環境の問題




 日本は石油や天然ガスのような「化石燃料」が国内でほとんど得られない国という印象が強いが、それでも上信越・東北・北海道にかけて石油や天然ガスが産出する。「塵も積もれば・・・」で、これらを合計すると原油に換算して年におよそ260万キロリットル(1キロリットルは1000リットル)という量になる。このエネルギーで日本の国内の旅客交通の運行をまかなうとすると、鉄道ならば新幹線から大都市圏、在来幹線にローカル線まで、JRも民鉄もすべて含んで、ほぼ現状どおりを運行できる量である。これにたいして、乗用車による交通は、おなじエネルギーで現状の10%しか動かせない。もちろん、エネルギーが枯渇したときに旅客交通機関だけ動かすということはありえないであろうが、いかに鉄道が省エネルギー的かが実感できる

  いまクローズアップされている環境問題にしても、大気汚染や地球温暖化のもととなる排気ガスの発生量は、ほぼエネルギー消費量に比例する。資源エネルギー庁『87年版省エネルギー総覧』では空父通の分野において、単に需要追随型の施策を講ずるに留めていては、輸送に必要とされるエネルギーの量的不足とエネルギー価格の上昇による輸送費用の上昇という状況が強まっていくに従い、やがて人と物とのモビリティを確保することが困難となっていくという。つまり今の交通体系のままではいずれエネルギーが制約となって、交通機関が思うように運行できなくなると示唆している。87年といえばエネルギーの需給状況は安定した時期であったが、それでも専門家が将来的には、このような危機を指摘していたのである。

「日本経済評論社 鉄道は地球を救う」より


Copyright(c) 2012 Kawasaki Heavy Industries Rolling Stock Co-operation.ltd.